メニュー

ホームセメント産業の概要>セメント産業の特徴

 

セメント産業の特徴

 

セメント工場
    セメント産業は典型的な装置産業です。わが国最大の敷地面積を持つセメント工場は68万m2、東京ドームが15個も入る計算となります。ここにセメントを製造するためのすべての設備が配置されています。

  原料や燃料を受け入れるサイロやストックヤード。焼成設備の予熱機タワーと回転窯。タワーの高さは約80m。回転窯は直径5m〜6m、長さは100mに及び、工場の中でもひときわ威容を誇る巨大な設備です。完成したセメントを保管するサイロ群とタンカー・貨車・トラックなどの出荷設備。こうしたセメント工場が日本全国に30ヶ所立地しています。
<<前へ 次へ>>