メニュー

ホームセメント産業の概要>セメントの流通

 

セメントの流通 〜西から東へ流れるセメント

 
中継基地   セメントは西から東へ流れると言われます。これは主原料である石灰石が中国や九州に偏在するためセメント工場がこの地域に集中する一方で、消費地は近畿や東海、関東といった大都市が中心であるためです。

  この流れを効率よく進めるため、セメント工場から全国にくまなく配備されている中継基地(サービス・ステーション(以下SS))にタンカーやトラックで一次輸送し、その後、SSからトラックで生コンクリート工場やコンクリート製品工場などのユーザーに二次輸送しているのが一般的です。

  こうした物流に対して、商流はセメント会社の販売店から生コンクリート会社やコンクリート製品会社に販売されるのが主流で、固定的なルートとなっています。販売店の役割は、ユーザーの情報収集や集金、与信管理、価格交渉などですが、セメント会社が最も期待するのは販売力です。全国で1,500社程度とみられています。
 
セメントは西から東へ流れる

タンカー
 
トラック
<<前へ 次へ>>