どうしてセメント工場は、
廃棄物はいきぶつ副産物ふくさんぶつを受け入れられるの?

 
  日本のセメント産業は、とっても環境にこうけんしているんだね。でも、なぜ廃棄物を工場で使うことができるの?
 
  セメントのおも成分せいぶんは、カルシウム、けいそ、アルミニウム、てつなんだ。一方、スラグやフライアッシュなど多くの廃棄物や副産物の成分は、アルミ、鉄、けいそなどで、成分が共通きょうつうしているからなんだよ。これらを天然てんねん材料ざいりょうとまぜ合わせることでセメントの原料の一部いちぶとして使えるんだ。
 
  セメントを作った後に、もえかすとかはいみたいな、廃棄物が出るんじゃないの?

  ゴミの焼却場しょうきゃくじょうだとゴミをやした後、燃えかすや灰がのこるけれど、セメント工場の場合燃えた後に残る灰も原料になってしまうから、灰もすてなくてもいいんだ。


  いままでのセメントにくらべて、品質ひんしつはどうなの?

  いろいろな廃棄物・副産物を受け入れているけど、セメント会社の人たちはものすごく努力どりょくしたので、セメントの品質はかわりなく、今までどおりで安心あんしんなんだよ。
 
  すごいなあ。セメントがこんなに環境のことを考えて作ってある材料だったなんて、知らなかった。ほんとに勉強べんきょうになったよ。
 
環境にやさしいセメントゾーンのトップへ

世界せかいで一番環境かんきょうにやさしい、日本のセメント産業
1年で約3,000万トンの 廃棄物はいきぶつ副産物ふくさんぶつを使っている、日本のセメント産業
骨粉こっぷんだって安全あんぜんけ入れているセメント工場
廃棄物問題はいきぶつもんだい解決かいけつをめざして、「エコセメント」登場とうじょう
もしセメント工場が、廃棄物はいきぶつを受け入れなかったら?
どうしてセメント工場は、廃棄物はいきぶつ副産物ふくさんぶつを受け入れられるの?