メニュー

ホーム>JCA NEWS

 

JCA NEWS


第71回 セメント技術大会を開催
 
  セメント協会は、5月29日(月)から31日(水)までの3日間、ホテルメトロポリタン(東京・池袋)でセメント技術大会を開催した。本大会は1947(昭和22)年より開催しており、今回で71回目を迎える。一般講演は133件(昨年147件)、大会2日目には、セメント協会論文賞の表彰式ならびに受賞者による記念講演に続き、下田孝氏(元・国立科学博物館産業技術史資料情報センター 主任調査員)、岸利治氏(東京大学生産技術研究所 教授)による2件の特別講演、その後懇談会を行った。大会期間中に760名(3日間の実数)の方にご参加いただいた。
 
■一般研究発表
  講演内容を「セメント」「コンクリート」別にみると、「セメント」は「混合材」や「セメント、モルタルの性質と物性」で、また「コンクリート」は「塩害・鋼材腐食」、「コンクリート舗装」で多くの発表があり、各セッションとも活発な議論が行われた(表1)。
  本大会は、若手発表者が多いことも特徴であり、今大会では講演者の約9割が20〜30代であった。また昨年同様、若手研究者・技術者の研究奨励を目的に、35歳以下の講演者を対象として「セメント技術大会優秀講演者賞」を授与する。「講演要旨のわかりやすさ」「発表内容」などの採点表をもとに、セメント技術大会企画専門委員会にて選考し、後日本誌および当協会のウェブサイトでの公表を予定している。

 
■協会挨拶とセメント協会論文賞表彰式
  表彰式に先立ち、福田修二会長(太平洋セメント 取締役社長)より挨拶があった。挨拶では、「多発する自然災害に対し、国土強靭化施策実現のためのセメントの安定供給、さらに、各種産業廃棄物、副産物のセメント資源化による循環型社会実現への貢献に引き続き努めていきたい。また、本大会がセメント・コンクリート技術者・研究者の方々にとって、今日的な課題の解決と情報交換の場として有用な機会となることを大いに期待している」と強調した。
  セメント協会論文賞は、当協会発刊のセメント・コンクリート論文集に掲載された、過去2年分の論文の中から最も優れた論文に授与しており、今年度は174編の中から3論文に授与された(表2)。選考を行った論文賞選考委員会の鳥居和之委員長(金沢大学教授)より選考理由が紹介された後、福田会長より賞状ならびに賞牌が受賞者へ授与された。その後、受賞者による記念講演が行われた。
 
 
 
 
■特別講演
  大会2日目午後の特別講演では、元・国立科学博物館産業技術史資料情報センター 主任調査員で元・太平洋セメント鰍フ下田孝氏を講師に230名の聴講者が参集するなか、「セメント製造技術の系統化調査報告『華と開いた日本発の技術貢献』」と題しご講演いただいた。ポルトランドセメント製造技術250年の歴史および、日本におけるセメント製造技術の進化・発展の140年の歴史を概観・紹介するなかで、セメント製造技術史は「エネルギー効率改善」と「品質改善」の闘いの歴史であると指摘し、特に日本で開発されたNSPキルンは、開発後40年を経た現時点でもこれを超える焼成システムはないという世界に誇る日本発の技術であることを強調された。
 
  また東京大学生産技術研究所の岸利治教授からは「“常識”となった“仮定”を超える」と題しご講演いただき、260名が聴講した。まず、中性化深さは本当に最重要か?という疑問に対し、コンクリート劣化の「影の主役」は水と指摘、また、ひび割れ自己治癒コンクリートについては、ひび割れがふさがった結果として漏水が止まったのではなく、水中の空気がひび割れをふさいだため漏水が止まったと説明した。さらに「くっつき力」にも言及し、表面張力は厚みがゼロという常識は誤っているのではないかという疑問を示した。
 
 
■懇談会
  大会2日目の夕刻からは、細川佳史セメント技術大会企画専門委員長(太平洋セメント セメント化学チーム主席研究員)の進行により、講演者・司会者をはじめ関係者250 名の参加のもと懇談会を開催した。関根福一技術委員長(住友大阪セメント 取締役社長)の主催者挨拶に続き、鳥居和之論文賞選考委員長の乾杯で開宴した。なお、懇談会中には、先般北海道大学総長に就任された名和豊春氏が登壇し、「セメント技術大会は若手を育てる会で、ひき続き基礎研究を支援していただきたい」と訴えた。その後も懇談会は盛況かつ和やかな雰囲気の中進行し、当協会 木村耕太郎専務理事の中締め挨拶の後、閉会した。

[(一社)セメント協会 研究所 技術情報グループ]

 
 
JCA NEWS バックナンバー
JCA NEWS各種はタイトルから詳細をご確認いただけます。
 
2017/07/05第67回セメント安全衛生大会を開催
2017/07/05第71回 セメント技術大会を開催
2017/04/20セ協理事に山本氏就任
2017/04/20東京・大阪で恒例のセメント工場親子見学会を開催
2017/02/20セメント業界賀詞交歓会を開催
2017/01/17福田修二会長/年頭ご挨拶
2016/12/22重工記者定例懇談会を開催
2016/11/20環境大臣から感謝状、熊本地震への対応で
2016/09/15セ協新理事に村上氏就任/科学技術館サイエンス友の会が実験教室を開催/初めてのセメント工場に興味津々/北海道で親子見学会を開催
2016/08/19第70回セメント技術大会 優秀講演者17名を表彰/新常務理事に藤原氏/セ協
2016/07/25第66回セメント安全衛生大会を開催
2016/06/20新会長に福田修二氏就任/第70回 セメント技術大会を開催/鮫島氏・石橋氏が受章/春の叙勲・褒章/川端世輝氏逝去
2016/05/23東京・大阪でセメント工場親子見学会を開催/「平成28年熊本地震」が発生
2016/04/21東北地整から表彰/セ協ら67団体/4,300万tを予想/セメント国内需要/セメント系固化材の利活用セミナー(仙台)を開催/セメント協会奨研究励金の交付決定/第44回セメント協会論文賞決まる
2016/03/24セ協新監事に山本氏就任
2016/02/24基幹産業として前を向き、胸を張ろう -セメント協会賀詞交歓会を開催
2016/01/22コンクリートが担う東北の復興と発展/第305回コンクリートセミナー(仙台市)開催
2015/12/22重工記者定例懇談会を開催
2015/11/25ICEF2015でセメントセッション開催
2015/10/26新社名はデンカ(株)/セメント系固化材の利活用セミナー(福岡)を開催/災害対応力向上へD.Waste-Netが 発足/平成28年度税制改正要望を提出
2015/09/25夏休みの自由研究でセメントを学ぶ 科学技術館主催で実験教室/研究所講演会を開催 セ協
2015/08/25セ協新監事に江頭氏就任/第69回セメント技術大会 優秀講演者17名を表彰
2015/07/27第65回セメント安全衛生大会を開催/セ協新理事に横田氏就任
2015/06/29第69回セメント技術大会を開催
2015/05/25協会貢献者13名を表彰、大阪科学技術館・セメント工場親子見学会開催
2015/04/274,600万tを予想/セメント国内需要、新理事に山本、竹内氏が就任、第48回セメント固化材セミナー(札幌)を開催、科学技術館サイエンス友の会がセメントと生コンの工場を見学、セメント協会研究奨励金の交付決定
2015/03/27九州発-素晴らしきコンクリートを目指して-コンクリートセミナーin福岡
2015/02/23大いに誇りを持って邁進しよう-セメント業界賀詞交歓会を開催
2015/01/26技術者として今後どう考えて進むべきかを問う/大阪で「セメントの底力」セミナー開催
 
過去のJCA NEWS一覧へ
ページ上部へ戻る

 

表1公演分類と投稿件数