メニュー

ホーム>セメント協会の取組>コンクリート防護柵

 

コンクリート防護柵

 

 期待される「コンクリート防護柵」

 
設置の効果を確認しました
 
  当協会は、日本スリップフォーム工法協会、プレキャストガードフェンス協会と共同で、高速道路に設置されたコンクリート防護柵の設置の効果を、主に防護柵に残された車輛の接触痕を手がかりに調査しました。その結果、コンクリート防護柵は突破事故を防ぎ、補修を必要としたこともないことなどが確認できました。
  これらの調査報告は、「コンクリート防護柵の現況調査報告書」として取りまとめましたので、報告書ご希望の方は、セメント協会・普及部門(03-3523-2705)までご連絡下さい。
 

報告書のポイント


1. 調査対象区間;東北自動車道・本宮IC〜白石IC間の、コンクリート防護柵設置区間 21.7km(上下線で約44km)
2. 調査時期;2002年10月31日〜2003年11月5日
3. 接触痕数;1年間に165件の車の接触痕を確認
4. 突破事故;なし
5. 補修;なし
6. 接触痕箇所;3%程度以上の下り勾配で、かつ700m程度以下の左カーブの組み合わさった箇所に集中する傾向にある
7. 衝突角度の推定;測定できたものでは、約90%が10度以下
8. ライフサイクルコスト;約5年で鋼製に追いつき、以後有利に働く
9. 事故記録;165件の接触痕があるものの、事故の記録として残されているものは25件。
10. 防護柵の設置基準に示されている4つの性能規定(・車輛の逸脱防止機能、・乗員の安全性能、・車輛の誘導性能、・構成部材の飛散防止性能)はほぼ満足
 
 
大型車による接触痕
厳しい衝撃に耐え、車両を誘導している
  大型車のタイヤのボルトと思われる接触痕の軌跡
 
  車輌の大型化、高速化が進むなか、中央分離帯の突破や路外逸脱、転落などの重大事故につながるケースが多くなってきています。コンクリート防護柵は突破防止の抑止効果が高く、このような重大事故を未然に防ぎ、さらに防護柵の形状により車両を元の車線に誘導することができ、乗員の安全性にも配慮しています。
  また、車両が接触してもほとんど補修作業を必要としないため、そのための渋滞、危険作業も不要になり、経済効果も高く、今後ますます交通安全に貢献していくものと思われます。

  このような特長をもつコンクリート防護柵は、現在、高速道路を中心に総延長で約400km設置されていますが、最近では、一般国道への採用もふえてきています。
 
 
(わが国の事例)
 
 
(海外の事例)
 
コンクリート防護柵の主な施工方法
 
■プレキャスト工法
  工場で製品を作り現場で設置します。
 
 
■スリップフォーム工法
  現場で機械施工により成型します。
 
 
コンクリート防護柵のあれこれ
 
 
(1) 特長  
突破防止   ・メンテナンスフリー
車両の誘導性  ・乗員の安全性
     
(2) 用途  
中央分離帯  ・路側
壁高欄  ・仮設防護柵
車線変更用  
     
(3) 形状  
フロリダ型  ・単スロープ型
その他  
     
(4) 施工方法  
スリップフォーム工法  ・プレキャスト工法
セットフォーム(型枠)工法  ・永久型枠
     
(5) 設置場所
交通量が多く、メンテナンスが事実上不可能となるような大都市周辺の幹線道路の中央分離帯や路側
大型車両の交通量が多い道路の中央分離帯や路側
橋梁及び高架道路の壁高欄
重要な施設(たとえば水源地や鉄道)に近接した道路の路側
人が多く集まる場所(学校、病院など)に近接した道路の路側
民家が密集しているような住宅地に近接した道路の路側
勾配が急な坂道、または山岳地帯の道路の路側
道路作業者の安全確保(仮設防護柵)