メニュー

ホーム>イベント・募集>イベント>セメント技術大会

 

セメント技術大会

 

  「セメント技術大会」について

 
  セメント技術大会は、毎年5月に東京で開催されるセメント・コンクリートの技術的・学術的研究発表です。
  例年約160件の研究発表があり、3日間にわたり開催しています。
  研究発表の内容は、セメント化学、建築、土木分野と多岐にわたり、約700名の研究者が参集し、活発な質疑応答が行われています。
  第55回大会より、セメント製造技術シンポジウムも1セッションとして継承されました。
  この大会への発表及び聴講は、どなたでも参加できます。

セメント技術大会の目的*
 
  セメント技術大会は、セメントおよびこれを主要な構成材料とするコンクリートを対象として、
(1) セメント化学、コンクリートの材料科学的アプローチによる研究・技術成果を発信する場とする。
(2) セメント・コンクリートの実務的技術成果を発信し、意見交換する場とする。
(3) セメント・コンクリートに携わる研究者の技術開発意識を高揚させ、活性化する場とする。
(4) セメント製造技術をはじめとしたセメント産業の社会的役割を発信する場とする。
    ※ 第72回セメント技術大会より、目的を改訂しております。


 
第73回セメント技術大会
 
 

  第73回(2019年度)セメント技術大会の発表講演を下記要領により募集いたします。本大会がセメント・コンクリート技術に関する活発な討論の場となりますよう、ふるってご応募ください。


『第73回セメント技術大会講演募集のお知らせ』(PDFファイル)


名 称 第73回セメント技術大会
開催日 2019年5月8日(水)、9日(木)、10日(金)
会 場 ホテルメトロポリタン
東京都豊島区西池袋1-6-1
参加費 無 料(※講演や聴講など、参加費は不要です)
講演申込・
原稿提出 締切
2019年2月15日(金) 17時 必着
※講演申込と同時に、講演要旨原稿の提出が必要となります。また、原稿提出後の差替えはお受けできませんのでご注意ください。

■講演申込方法
   講演申込書(Excelファイル)と講演要旨原稿(WordまたはinDesign)を、下記申込みボタンよりE-mailの添付ファイルとしてご送信ください。

  ・講演申込書(Excelファイル)
  ・講演要旨
     原稿執筆要領および原稿見本を参考に、講演要旨を執筆してください。テンプレートのご利用を推奨いたします。
  ・講演要旨原稿執筆要領(PDFファイル)
  ・原稿見本(PDFファイル)
  ・講演要旨テンプレート(Wordファイル)



・講演までのスケジュール
   講演の申込から大会当日までのスケジュールは、以下を予定しております。

1)  講演申込・原稿提出 締切 2019年2月15日(金)17時 必着
2) 申込・原稿受理通知 申込・提出から一週間以内
3) 版下原稿の確認 3月上旬〜3月下旬
 ※ 原稿提出後の差替えはお受けできませんのでご注意ください。
4) 講演要旨集・CD-ROM販売開始 4月下旬
5) セメント技術大会 5月8日〜10日
 
セメント技術大会講演要旨・総合索引
 

  本大会において発表された多くの研究報文の中から、目的の研究報文を探し出すために、総合索引を提供しております。
  第51回以降の講演に関する情報が、Web版の総合索引に登載されています。下記サイトをご利用ください。

  ■Web版「セメント技術大会講演要旨・総合索引」
    -使用方法


  なお、本システムをご利用頂くには、Adobe社のFlashPlayerが必要となります。ご利用できない環境の方へは、検索ができる簡易なシステムを下記サイトにおいて提供しております。

  ■「セメント技術大会講演要旨 簡易検索システム」

  第51回より前の研究報文についてお調べの方は、書籍版の総合索引をご利用ください。

 

書籍「セメント技術大会・総合索引」


 
セメント技術大会優秀講演者

  セメント協会は,第72回セメント技術大会(2018年5月8〜10日)において優秀な講演を行った16名の講演者を表彰した。
  2002年から行っている本表彰は,大会全体の活性化と若手研究者・技術者(35歳以下)の研究奨励を目的としており,@講演要旨のわかりやすさ,Aプレゼン資料の表現,B発表の方法,C時間配分の適切さ,D発表時間,E質問に対する回答の的確さ,F発表態度,G研究内容のレベルについて審査を行い,特に優秀と認められた講演者に対し授与している。今年度は,選考対象86名のうち,下表に示す16名を優秀講演者とし、表彰状と記念品を授与した。

第72回セメント技術大会 優秀講演者
講演
番号
講演者
(敬称略)
所属 講演題目
1105 森永祐加 北海道大学大学院 無機添加剤がエーライトの初期水和反応に及ぼす影響
1106 櫨 達人 名古屋大学大学院 1H-NMR Relaxometryを用いた乾燥下の微細構造変化測定に関する基礎研究
1119 荒木 萌 芝浦工業大学大学院 乾燥スラッジ微粉末を使用したモルタルの空隙構造が塩分浸透抵抗性に与える影響
1202 後藤 卓 宇部興産(株) 少量混合成分を増加させた高C3A型セメントのアルカリシリカ反応特性
1217 依田侑也 清水建設(株) 伝導型熱量計による国内外の高炉スラグ微粉末およびフライアッシュの活性度指数の促進試験法
1307 橋本永手 東京理科大学大学院 鉄筋の不動態皮膜が破壊するコンクリート細孔溶液中に存在する塩化物イオン濃度の評価
1315 田中俊成 東京大学大学院 サスペンジョンせん断開始直後の弾性的ひずみ挙動の観察
1319 葛間夢輝 北海道大学大学院 相互作用力に基づいた立体障害モデルによる櫛形高分子の吸着層厚の推定
2104 桐野裕介 太平洋セメント(株) セメントのリサイクル資源活用を考慮した環境影響評価(その1)廃棄物多量活用セメントの環境影響評価
2208 城出真弥 太平洋セメント(株) 光ファイバセンサを用いたコンクリートの凍害劣化の評価に関する研究
2301 村上大介 東京理科大学大学院 電気泳動試験中の電極消耗が供試体間電位差の低下に与える影響の把握
2308 荒巻卓見 日本大学 セメントの添加による版築の強度向上に関する検討
3109 赤坂春風 群馬大学 Jute繊維を混入した高強度コンクリートの火災時における爆裂抑制効果
3202 山崎由紀 公益財団法人鉄道総合技術研究所 ASRがエトリンガイトの遅延生成(DEF)に及ぼす影響
3209 高橋佑弥 東京大学大学院 種々の促進環境条件がASR膨張の寸法依存性に与える影響に関する実験的検討
3301 藤原 了 (株)デイ・シイ 高炉スラグ超微粉末を用いたモルタルの圧縮強度および収縮特性

 
過去の大会概要

 
お問合せ先

一般社団法人セメント協会研究所
技術情報グループ

E-mail jca_event@jcassoc.or.jp
〒114-0003 東京都北区豊島4丁目 17 番 33 号