セメント系補修・補強材料


現在公開中のセミナー・動画配信のご案内


セメント系補修・補強材料の役割

□ 建設後50年以上経過する社会資本が増加しております(表1)。
□ 元請完成工事高をみると、新設工事に対する維持・修繕工事の割合が増加しております(図1)。
□ 社会資本が経年劣化した場合、新設にてリプレースできれば良いですが、①新設は費用が高い ②新設は供用中の構造物を解体するため、通行止めなど社会への影響が大きい、③少子高齢化が進行している、などから維持管理への期待が高まっています。

効果的・効率的に維持管理を行う上で、
セメント系補修・補強材料を適切に使うことが重要です

表1 建設後50年以上経過する社会資本の割合
  2018年3月 2023年3月 2033年3月
道路橋
[約73万橋 注1)(橋長2m以上の橋)]
約25% 約39% 約63%
トンネル
[約1万1千本 注2)]
約20% 約27% 約42%
河川管理施設(水門等)
[約1万施設 注3)]
約32% 約42% 約62%
下水道管きょ
[総延長:約47万km 注4)]
約4% 約8% 約21%
港湾岸壁
[約5千施設 注5)(推進=4.5m以深)]
約17% 約32% 約58%

注1)建設年度不明橋梁の約23万橋については、割合の算出にあたり除いている。

注2)建設年度不明トンネルの約400本については、割合の算出にあたり除いている。

注3)国管理の施設のみ。建設年度が不明な約1,000施設を含む。(50年以内に整備された施設については概ね記録が存在していることから、建設年度が不明な施設は約50年以上経過した施設として整理している。

注4)建設年度が不明な約2万kmを含む。(30年以内に布設された管きょについてはおおむね記録が存在していることから、建設年度が不明な施設は30年以上経過した施設として整理し、記録が確認できる系か年数毎の整備延長割合により不明な施設の整備延長を按分し、計上している。)

注5)建設年度不明岸壁の約100施設については、割合の算出にあたり除いている。

出典:国土交通省 資料

図1 元請完成工事高

出典:国土交通省 建設工事施工統計調査をもとにセメント協会が作成

主な補修工法と断面修復工法

□ コンクリート構造物に適用されている補修工法の一例を図2に示します。
□ このうち、断面修復工法の概要を紹介いたします。

図2 補修工法の一例

出典:土木学会 2018年制定コンクリート標準示方書[維持管理編]

[断面修復工法]

左官工法

  左官工法は、型枠の設置が不要であるため、断面修復箇所が小規模や点在している場合に主に経済的理由で適用されます。施工方向は、下向き、横向き、上向き施工のすべてにおいてバランス良く適用が可能です。

充てん工法

  充てん工法は、型枠を設置し、流動性の高いモルタルやコンクリートを型枠の中に流し込む方法です。

吹付け工法

  吹付け工法は、型枠を設置せず、モルタルやコンクリートを圧縮空気や遠心力等によって施工する工法であり、主に上向きや横向きの断面修復に用いられ、空気圧縮による工法には乾式工法と湿式工法があります。

セメント系断面修復材の種類

セメントモルタル

  セメントモルタルとは、セメントと細骨材を主構成材料としたモルタル材で、断面修復材に用いられる材料には、必要に応じて混和材料、例えば施工性を考慮した保水剤、収縮によるひび割れを抑制するための膨張付与材、短繊維等が既調合(プレミックス)されています。

ポリマーセメントモルタル

  ポリマーセメントモルタルとは、セメントモルタルに構造体コンクリートとの一体性能、劣化因子の侵入抑制等の性能を付与することを目的としてポリマー成分を添加したセメントモルタルです。

  ポリマーセメントモルタルは、粉末化させた再乳化タイプのポリマーを用い、これを他の材料とともに既調合(プレミックス)する「一材型ポリマーセメントモルタル」と、水に分散させ、安定化させたエマルジョンタイプのポリマーを練混ぜ時に加える「二材型ポリマーセメントモルタル」があります。

技術資料の紹介

すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識(第2版)

目次をダウンロード
書籍名 すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識[第2版]
コメント 初版の内容(断面修復工法、グラウト工法、無収縮グラウト工法)に、新たに、以下の項目を追加した。
  ①ひび割れ注入工法、表面被覆工法、表面含浸工法、はく落防 止工法、電気化学的防食工法の解説
  ②耐久性に対する考え方やライフサイクルコストについて、構 造物と補修との係わりを中心とした解説
  ③劣化原因や劣化状況に応じた補修工法の選定方法についての 解説
  ④現場でしばしば繰り返される補修・補強材に関する失敗例と その原因・対策
ISBN 978-4-88175-113-8
分類コード C3058
税込価格 定価3,520円(本体 3,200円+税 320円)
発行日 2011年8月25日
サイズ B5判

セメント系補修・補強材料製品紹介

製品紹介をダウンロード
ダウンロード前のアンケートにご協力ください。

適用事例

準備中

セメント系補修・補強材料推進WGの構成社