メニュー

ホームお問合せ>よくある質問(統計について)

 

よくある質問(統計について)

Q1.  販売統計で国内販売と輸入、内需の関係はどの様になっているのでしょうか?
Q2.  輸入は誰がしているのでしょうか?
Q3.  セメントの生産・販売の表項目で「原料用その他」とは何でしょうか?
Q4.  販売統計で「生コン展開後の需要部門別販売量」とはどういう意味でしょうか?
Q5.  官需と民需の区分けは、どの様になっているのでしょうか?
Q6.  国内販売の季節変動について教えて下さい。
Q7.  種類別統計の「その他」の内訳について教えて下さい。
Q8.  低熱ポルトランドセメントの2007年以前の統計を教えて下さい。
Q9.  廃棄物利用状況の統計は過去のいつから始められたのでしょうか?
Q10.  廃棄物・副産物使用量の推移で高炉スラグだけが年々減少しているのはどうしてでしょうか?


【Q1.】  販売統計で国内販売と輸入、内需の関係はどの様になっているのでしょうか?
【A1.】  国内セメントメーカーの国内販売(セメント協会統計)に輸入(財務省貿易統計)を加えた数量を内需と称しています。ただし、セメントメーカーが直接輸入しているものについては、国内販売と輸入の両方に計上されているため、その分の数量は差引いて内需に表示しています。
▲ページの先頭へ
【Q2.】  輸入は誰がしているのでしょうか?
【A2.】  大部分はセメントのユーザーである生コンクリート会社が輸入していると思われます。しかも、生コンクリート会社は各地区で協同組合組織によって運営されていますが、この組織に加盟していないいわゆるアウトサイダーの生コンクリート会社が輸入しているものが殆どだと思います。
▲ページの先頭へ
【Q3.】  セメントの生産・販売の表項目で「原料用その他」とは何でしょうか?
【A3.】  セメント系固化材の原料として使用されたものを「原料用」、それ以外の棚卸しなどによる増減数量を「その他」としています。これらを合わせて「原料用その他」と表記し、需給バランスをとっています。
▲ページの先頭へ
【Q4.】  販売統計で「生コン展開後の需要部門別販売量」とはどういう意味でしょうか?
【A4.】  セメントの最終需要先を推測するために、セメントの需要先と生コンの需要先を合わせた数量を生コン展開後の需要部門別販売量としています。
▲ページの先頭へ
【Q5.】  官需と民需の区分けは、どの様になっているのでしょうか?
【A5.】  国や地方自治体などの公共工事に使われたセメントを官需、民間企業による工場・オフィスビル・店舗などの建設による設備投資や、住宅建設などに使われたセメントを民需としています。最近は公共工事費の削減を受けて官需の割合が減少し官需・民需比率は拮抗しています。
▲ページの先頭へ
【Q6.】  国内販売の季節変動について教えて下さい。
【A6.】  セメントの国内販売量は月によって変動します。実際の出荷日数が月によって違うことは勿論ですが、構造的なものとしては公共工事によるものが主にあげられます。公共工事は年度の前半には設計、積算、入札や発注などの業務が中心で、実際の施工は下半期に集中するためですが、最近では国の方針により工事の平準化が図られ、以前に比べると変動幅が小さくなってきています。さらに、公共工事費が削減され続けている最近の状況は、公共工事への依存度自体が小さくなっていますので、ますます季節変動が少なくなってきていると言えます。
▲ページの先頭へ
【Q7.】  種類別統計の「その他」の内訳について教えて下さい。
【A7.】  セメント協会統計は構造用セメントを対象とし、JIS(日本工業規格)に規定されていないセメントを「その他」と表記して一括計上しています。ポルトランドセメントでいえば、油井セメント、地熱井セメントなどがこれに該当します。混合セメントでいえば、中庸熱高炉セメントや中庸熱フライアッシュセメントなどです。また、「その他のセメント」と表記してあるものは、エコセメントを対象としておりJISに規定されています。
▲ページの先頭へ
【Q8.】  低熱ポルトランドセメントの2007年以前の統計を教えて下さい。
【A8.】  2006年度まで低熱ポルトランドセメントの区分けで統計をまとめていないため、ご提供できるデータはありません。統計データベースでは2007年度データより公開しています。
▲ページの先頭へ
【Q9.】  廃棄物利用状況の統計は過去のいつから始められたのでしょうか?
【A9.】  廃棄物利用状況の統計は1990年度より始めています。
▲ページの先頭へ
【Q10.】  廃棄物・副産物使用量の推移で高炉スラグだけが年々減少しているのはどうしてでしょうか?
【A10.】  セメントを生産する上で、廃棄物・副産物使用量の構成比は大きく変わっていません。減少理由としてはセメントの生産量(需要)が減少しているため、これが大きな要因となっています。
▲ページの先頭へ