Home > 受託試験

受託試験

 研究所はセメント、コンクリート、骨材、土質(セメント系固化材)、試験用機械器具比較検査、その他の受託試験を承っております。

受託試験項目

1.セメント

  • 物理試験(JIS R 5201)
  • 化学分析(JIS R 5202、JIS R 5204)
  • 水和熱測定(JIS R 5203)

2.コンクリート

  • フレッシュコンクリート
  • 硬化コンクリート

3.骨材

  • 骨材試験
  • 骨材のアルカリシリカ反応性試験

4.土質(室内試験)

5.試験用機械器具比較検査

6.セメント協会標準試験方法(JCAS)

7.機器分析(X線回折試験、熱分析など)

JIS Q 17025への適合

 研究所は、セメント分野で初めてISO/IEC 17025(校正機関および試験所の能力に関する一般要求事項)の基準に適合した認定試験所です(2000年にJIS Q 17025として制定)。このため、当研究所の試験能力は技術的に的確であり、妥当な結果を出す能力がある試験所として、認定機関により証明されています。

 現在、以下の4規格についてJIS Q 17025に適合する試験所としてJNLAに登録されております(登録番号:100305JP)。

  • JIS R 5201「セメントの物理試験」
  • JIS R 5202「セメントの化学分析方法」
  • JIS R 5203「セメントの水和熱測定方法」
  • JIS R 5204「セメントの蛍光X線分析方法」

 登録された試験項目に関しては、JNLA標章の付いた試験報告書を発行することが可能であり、その資格を有効に活用するため、また、公的試験所として社会に貢献するためにも、セメントに関する試験の受託を広く受け付けています。

登録の詳細は下記のリンク先からご確認下さい。

JNLA 土木・建築分野登録事業者一覧
  http://www.nite.go.jp/iajapan/jnla/lab/kenchiku.html
セメント協会登録内容
  http://www.nite.go.jp/data/000001751.pdf

受託試験のお問合せ、および申込方法

1.試験の申込

試験の申込は、末尾の窓口にお問合せのうえ、当所に用意してある試験依頼書に依頼者(申込者)、試料名、試験項目などを記入して申し込んで下さい。

2.試験用試料または材料

(1)試験に必要な試料,材料などは依頼者によって当所へ搬入していただくことを原則とします。
(2)搬入していただく試料または材料の数量は、試料の種類、試験方法によって異なる場合がありますので事前に当所の担当者と打ち合わせて下さい。

3.試験料金について

(1)内容に応じて個々に試験料金を算出いたしますのでご相談下さい。
(2)試験料金には、試験成績書(和文2部)が含まれております。3部以上は1部につき500円+税を申し受けます。なお、英文については1部2,000円+税で、2部以上は1部につき500円+税を申し受けます。

4.試験料金の納入について

(1)試験料金は後納となります。ただし、試験によっては一部前納となります。
(2)試験料金の納入は、銀行振込でお願いします。手形での扱いはいたしません。

5.試験料金の精算について

 依頼される方の都合によって、いったん着手した試験の一部を中止するとき、または試験実施(準備を含む)直前に中止するときは、実費精算といたします。

6.試験料金以外に必要となる経費について

 次の場合の経費は試験料金に含まれておりません。
(1)立ち会い試験の場合は、50%増です。
(2)緊急な試験で、即時着手あるいは納期の短縮が必要な場合は、50%〜100%増です。
(3)外国規格による場合は、掲載料金の100%増です。ただし、試験できない場合がありますので、担当者と打ち合わせて下さい。
(4)出張して、試験体のサンプリング、試験準備、試験を行うとき。
(5)試験体の取り付けに工事費を必要とするとき。
(6)その他、特殊な経費が発生したとき。

7.試験料金、申込手続き、試験内容などのお問合わせは、以下のフォームよりお願い致します。

PDF  受託試験に関するお問い合わせ